スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2010年11月23日

ようやくこれで完成です!!

こんばんは「にー」です。

だいぶ時間がかかってしまいましたが、旧世代M4 S&W M&P 15も、これで

     めでたく完成!!

となりました~。


せっかくですので、各部分に分けて、使用したパーツのご紹介でもしてみようかと思います。


それでは、まずフロント部から・・・・

・ハイダー・・・・MADBULL製 KFHタイプハイダー
・アウターバレル・・・・G&P製 10.5インチ アウターバレル
・ガスブロック・・・・メーカー不明 DDタイプ ガスブロック
・RAS・・・・KA製 TROYタイプ 10インチ RAS(M&P)
・フロントサイト・・・・KA製 TROYタイプ フロントサイト(M&P)
・ライト・・・・LA製 SUREFIRE X400タイプ ウエポンライト




次にフレーム部・・・・

・フレーム・・・・KA製 メタルフレーム S&W M&P 15
・リアサイト・・・・KA製 TROYタイプ リアサイト(M&P)
・アンビセレクター・・・・KA製 ダミーアンビセレクター
・グリップ・・・・KA製 TDタイプ グリップ
・光学機器・・・・メーカー不明 Aimpoint T-1タイプ ダットサイト
・マウント・・・・DYTAC製 American Defenseタイプ マウント
・メカボックス・・・・KA製 メカボックス改



そして最後は、ストック部ということで・・・・

・バッファーチューブ・・・・KA製 VLTORタイプ バッファーチューブ
・スリングアダプタ・・・・KA製 TROYタイプ スリングアダプタ
・ストック・・・・ELEMENT製 VLTOR EMODタイプ ストック

以上で無事に完成となりました。



フィールドでの試射はできていないので、実射性能の確認は機会があるまでオアズケとなりそうです。


とりあえず、しっかり「飛んで」 & 「当たって☆」くれればイイんですケドね。

それではまた~icon23  


Posted by にー  at 21:25Comments(1)S&W M&P 15

2010年10月22日

大仕事のワリには・・・・

こんばんは「にー」です。

 できることから済ませよう!!



ということで、本日は旧世代M4 S&W M&P 15にあるパーツの取り付けを行いました。

メカボックスを外さないと取り付けができなかった、そのパーツとは・・・・



     さ~て、何でしょう?


                 



                 



                 



                 



                 





答えは ↑ コチラ

「KING ARMS製 ダミーアンビセレクター」


最初は、メカボックスを組み込む時に、ちょいちょいと取り付けをする予定だったのですが、

  いや~、ついうっかりしてしまいましてicon11


で、その後も作業の手間を考えてしまうと、なかなか手を付けられずにおり・・・・




でもここまでバラせれば、あとはとっても簡単!!

まずは、フレームの裏側からピンポンチを使って写真の丸いパーツ(フタ?)を外して・・・・
(瞬間接着剤か何かで軽~く接着されておりましたので)




次に銀色の台座をフレームの裏側からハメ込んで・・・・

※向きに注意・・・・大きい穴(ネジ穴)の位置が前方となります。




アンビセレクター本体を六角レンチで強固にネジ止めして・・・・

   ハイ、これで完成です!!

でも、ネジ止めで固定しただけだと、何かの拍子にアンビセレクターが動いてしまう可能性も・・・・

ということで、フレームの裏側からネジロックをタ~ップリと塗りたくっておきました。

無理に力をかけるようなことをしなければ、たぶんこれで大丈夫だと思います。


それにしても、大仕事のワリには地味なパーツですよね~。

実用性もアップするワケではないですし・・・・

  う~ん、まさに自己満足(笑)

それではまた~icon23  


Posted by にー  at 20:56Comments(0)S&W M&P 15

2010年10月17日

ようやくアウターバレルの塗装が完了しました~

こんばんは「にー」です。

RASやアウターバレルを、付けたり、外したり・・・・

と、なかなかカタチにならなかった旧世代M4 S&W M&P 15でしたが、アウターバレルの塗装(表面仕上げを含む)が完了したので一気に組み上げを行ってみました。



とりあえずのトコロ、こ~んな感じになりました。

それにしても、作成開始時の予定とはだいぶ違う雰囲気のM4となってしまいましたね~。

う~ん

・・・・コイツの詳細は後日また改めて行わせて頂こうかと。




さてと、本日の本題はコチラ。

昨日の塗装作業で、少々不満の残ってしまったアウターバレル表面の仕上げ具合ですが・・・・

朝からせっせと磨き作業を行った結果、表面がザラついていた昨日の状況から比べると、ずいぶんと改善をすることができました。
(ツヤツヤのテカテカには至りませんでしたが・・・・)

で、今回の磨き作業で使ったのは・・・・




「タミヤ モデリングワックス」
「タミヤ コンパウンド用クロス」

タミヤ モデリングワックスは、粒子の粗いコンパウンドに比べると塗膜破壊(貫通?)のリスクが少ないのでは?
と思い使用をしてみましたが、いや~満足のいく結果を出すまでにはけっこうな根気が必要でしたよ(汗)

まぁ、そんな苦労の甲斐もあって、9割がたは満足のいく仕上がりとなった気がします。




塗料の塗膜も期待通りの強度を発揮してくれました。

ガスブロックをアウターバレルに通す際に、少し抵抗があったので、

うわ~、もしかしたらガリッと剥がれるかもな?

と、内心ビクビクしていたのですが、取り付け後にアウターバレルの表面をよ~く調べてみると・・・・

おぉ~、全くの無傷だよ~♪




ちなみに今回は、写真のようにDaniel Defenseの刻印入りのガスブロックを使用してみました。

メーカー不明のレプリカ品ですが、仕上げも良好でなかなかによい感じですね。




RASの隙間からチラリと見えるシルバー色のアウターバレル。

アウターバレルが若干太めなこともあり、遠目から見てもけっこう目立ちますね~。


しばらくはコレ1丁で、
た~っぷりと自己満足に浸れそうです(笑)

へへへっ(^^)

それではまた~icon23  


Posted by にー  at 19:27Comments(0)S&W M&P 15

2010年09月27日

せっかくここまでできたのに・・・・

こんばんは「にー」です。

・・・・昨日のつづきです。



とりあえずはこ~んなトコロまで出来上がりました!!

いや~、メカボックスに添付したネジロック剤が乾くのを待って、昨晩中に一気に組み上げてしまったんですよね~。




何気に心配だったメカボックスの収まりについても、
KING ARMS製のシリンダー
を使用したおかげか、特に問題なく組み上げることができました。

※KING ARMS製のシリンダーはマルイ純正のモノと比べると、ほんのちょびっとだけ外径が小さくなっています。

↑ の理由で、マルイ純正サイズだと干渉してしまうんですよね~、
「擬似ボルトストップ機構」に。




『完動』『感動』(笑)
                の擬似ボルトストップ機構


チャージングハンドルを引くとダミーボルトカバーが写真上のようにカチャリとロックされ、その状態からボルトキャッチボタンを押すとパシャ☆と写真下のように勢いよく閉じてくれます。

これはこれでなかなかよい感じですね。




あとは、ハイダーと・・・・




ストックが決まれば(購入すれば?)大まかなカタチにはなるんですが・・・・



             うん!?




うわ~、アンビセレクター付け忘れてるよicon11

・・・・取り付けるには全バラかよ~orz  


Posted by にー  at 21:05Comments(6)S&W M&P 15

2010年09月23日

S&W M&P 15 ~フロント部の取り付け~

こんばんは「にー」です。

昨日の記事でご紹介をさせて頂いたS&W M&P 15(旧世代 M4)のメタルフレームですが・・・・

  思い立ったが吉日

ということで、本日、早々にフロント部分の取り付けを行ってみました。



とりあえずはこ~んな感じになりました♪


・・・・って、
昨日の予定と全然違うじゃん!!
(昨日までは、Daniel DefenceタイプのRASを付ける予定でしたicon10




で、実際に取り付けたのは
「G&P製 TORY MRF-C 7”タイプ RAS」

実はこのRAS、写真上側に写っている次世代 M4のRASを引っぺがしたモノなんですよね~。


まぁそのおかげで、次世代 M4はこのとおり・・・・

ヒョロヒョロ~とした、と~っても寂しいM4となってしまいましたicon11




急遽予定を変更してこのRASを取り付けた理由には、写真下側の
「GBB M4 Diplomat」と共通性をもたせたいという狙いもありました。

2丁とも同じS&W刻印のフレームで、同じRAS・・・・
(フレーム逆側の刻印は、GBBはTROY、旧世代はM&P 15)

完成後にそんな2丁を並べてみたら、
きっとかっこいいんじゃないかな~?
と、思ってしまったワケでして(汗)
(さすがにアッパーフレームの共用はできませんが・・・・)


さてと、お次はメカボックスのメンテナンスを兼ねつつ、バッテリーの配線を前方→後方へ引き直す作業を行う予定です。

このまま失敗をせずに、最後まで順調に組み上がってくれればイイんですケドね~。

う~ん、どうでしょう?

それではまた~icon23  


Posted by にー  at 20:17Comments(2)S&W M&P 15

2010年09月22日

パーツがだいぶ集まってまいりました

こんばんは「にー」です。

先日、格安で購入した
「KING ARMS製 旧世代M4用 メタルフレーム M&P 15」

購入当初は、NOVESKE①の古くなったメタルフレームとそのまんま入れ替えてしまおうかな?
と思っていたのですが・・・・

イロイロと悩んだ結果、手元にある余剰パーツを中心に新規で1丁組んでみることに致しました。



写真は、使用予定のパーツ一式です。

この他にメカボックス、モーター、インナーバレル、ガスチューブ等もすでに手元に確保してありますので、足りないモノはハイダーとストックくらいでしょうかね?


それと、今回のテーマは、
「MAGPULパーツを使わずに仕上げる」
で、いこうかと。
(手持ちのM4がみんな同じようになってきたので・・・・)


でもまぁ、MAGPULパーツに関わらず、手元にあるM4は皆

同じようなカタチ

なんですケドね(汗)  


Posted by にー  at 23:29Comments(0)S&W M&P 15

< 2017年12月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
プロフィール
にー
にー