スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2009年12月26日

東京マルイ グロック17

こんばんは「にー」です。
昨日初めて書き込みをしましたが、写真の掲載の仕方(サイズの選定)がよく分かりませんでした。
う~ん・・・・、な感じです。
我ながらセンス無いですね。
また色々と試しながら自分にあった掲載方法を学んでいきたいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。

さて、本日は手持ちのハンドガンの中から「東京マルイ グロック17」を紹介したいと思います。



東京マルイのグロック17です。
ガーダーのコンバージョンキットを組込んでおります。
内部はノーマルのままで、インナーバレルのみTNバレルに交換しました。



アウターバレルはガーダーの物を使用せず、エッジのジュラルミン製を使用しております。
エッジのアウターは軽く、またスライドとの間にほんの少し遊びがありスムーズに作動します。
ちなみにガーダーのアウターは遊びが全く無く、しかもスチール製で滑りが悪く調整が大変でした。



スライドはキャロムショットのブラックスチールで塗装しております。
完全乾燥後に軽く磨いて表面を整えました。



・・・・写真ボケてますね。
エッジのアウターを組み込む際に若干の加工が必要です。
青丸で囲った赤色部分を削るのですが、説明書に寸法も書いてあるので特に問題はありませんでした。



コンバージョンキットにはシリアルナンバープレートが付属しています。
これを付けると雰囲気は良くなるのですが、セイフティー機能は使えなくなってしまいました。



マガジンにはMAGPULのスピードプレートを付けてみました。
フレームにあわせてDE色の方が良かったでしょうかね?



ちなみにガスを入れる時はスピードプレートを取らないと入れることができません。



MADE IN AUSTRIA
GLOCK INC. SMYRNA. GA.
と刻印があり、写真は無いですがグリップ下方にも
 US.Pat.4.539.889
4.825.744 4.893.546
と刻印があります。



マルイのノーマルフレームには
MADE IN JAPAN ASGK
TOKYO MARUI CO.,LTD.
と刻印があり、下方には
GAS BLOW BACK SYSTEM
TMC-P9M-7731
とあります。



外装のカスタムや塗装をするとなかなか外では使えなくなってしまいます。



実はアルミスライドの組込みには毎回苦労しております。
特にスムーズに作動させるためのすり合わせには、いつもかなりの時間がかかります。
(はははっ、自分に技術が無いだけですが・・・・)
今回は組込み済みの状態でしたが、また他の銃でスライドの組込みを行う事があれば、調整の状況なんかも写真に撮れたら良いな。と思っております。



ハンドガンはけっこう大好きで、カスタムしたり、塗装したり、と色々と楽しんでコレクションしております。
機会があれば他の銃も紹介させて頂こうと考えております。
その際は、またご覧頂ければ幸いです!!
それではまた~icon23  


Posted by にー  at 22:56Comments(6)GLOCK

2009年12月25日

MAGPUL PRS スナイパーストック

初めて投稿致します。
「にー」と申します。
マメに更新は難しいと思いますが、ネタがあればできるだけがんばって書きたいと思います。
以後、よろしくお願い致します。

さて、表題の「MAGPUL PRS」スナイパーストックですが、ついにPTSで発売されましたので早速購入&取り付けをしてみました。



あいかわらず渋いパッケージがGOODです。



箱を開けるとご覧のとおり。パーツはキチッと固定されておらずに・・・・な感じです。



箱から出してみました。赤丸で囲ったパーツは使用しませんでした。



まずはストックパイプをネジで固定します。ストックリングは使用しません。



配線をストックパイプの溝に沿わせてまとめます。・・・・バッテリーはストック内にしか収まりませんね。



意味不明だったこのパーツは、フレームとの隙間を埋めるガタ取り用のパーツでした。



けっこうバリがあったので、デザインナイフで形を整えてはめ込みました。


途中にひっかかりがあるので、ストックを軽く左右に振りながらゆっくりと力をかけて押し込みます。



ガタ取りパーツのおかげでガッチリと固定できました。



ストックパイプとストックをネジで固定します。



ストックパッドをネジ2ヶ所で固定します。



アッパーフレームを付けてみました。・・・・長いです。



スナイパーライフルにはやはりショートマガジンが良いですね。



重くて、長くて、バッテリーも交換しにくいので、もっぱらお座敷銃です。



ストック通常状態。



ストック展開状態。


下部のカバーを外すと20mmのレールが現れます。


見て頂いたとおり、取り付けはそれほど難しくありません。
(危うく、意味不明だったガタ取りパーツを捨ててしまうところでしたが・・・・)
さすがエアガン用のPTS!!
無理して実銃用を買わず我慢しててよかったです。

ちなみに固定ストック装着時と全長はほとんど変わりません。
フロントをもう少し短くすれば、サバゲーでもガンガン使えると思います。
このストックが付いてるだけで、スナイパーな気分(?)に浸れます。
皆さんもいかがですか?  


Posted by にー  at 17:02Comments(3)パーツ交換

< 2009年12>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
プロフィール
にー
にー